一般社団法人 浄水器協会

浄水器協会JIS等規格適合マーク制度について

浄水器協会は1972年に創立して、本年で45周年を迎えます。 今や、浄水器の普及率(浄水器協会調べ)は40%を超え、「安全で安心のおいしい水」として、全国の消費者の皆様から迎えられています。

浄水器協会はこれを記念して、「浄水器の信頼」を確立するため、浄水器規格(JIS、JWPAS規格)に適合している浄水機器毎に、「適合マーク(承認番号)」を表示して、「適合マーク表示キャンペーン」を展開します。

(「適合マーク表示キャンペーン」は、2017年4月よりスタートします。詳細は追ってご案内いたします)




浄水器協会適合マークは、「浄水器協会適合マーク認証センター」によって、製品毎に審査され、適合と認められた製品について、上図の様な「浄水器適合マーク」の表示によりJIS S 3241、浄水器自主規格JWPASに適合した安全な製品であることを表示します。

(2015年以前の製品には、浄水器の種類別に上図のようなマークが表示されています)

Contents

悪徳商法にご注意!

※浄水器は「安全で安心のおいしい水」を提供する家庭用品です。
科学的根拠のない宣伝や悪質商法にはご注意ください。